-

キャッシングした場合、お金を返す時には利率分を含めての返金になるのは知っていると思います。金融会社は経営の利益を目的とした企業なのですから当たり前です。とはいえ返金する方は、ちょっとでも少なく払いたいというのが本心でしょう。利息制限法が施行される前は年間30%近い金利返していましたが、定められてからは高利息でも年率18%位といくぶん低く設定されていますので、相当リーズナブルになったと思います。現在のキャッシングの利率範囲は4%位から18%位の間が用意されていて、使用可能額により定められます。利用可能額は申込み本人の評価によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういう職業についているのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?などが見られ貸付可能金額としてキャッシングサービスの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各社で金額は違います)と広い枠があります。そうしてその枠の中で決定した利用可能金額により金利も決まります。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年4%といった流れになります。いわば、査定が良ければ、与信額も上がり、利子も低くなります。この利子に疑問を感じるのは私だけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、これらは問題がない事なのでしょうが、年の収入の高い人がキャッシングができないと困ると思えませんし、仮にキャッシングしたケースでも利息がどうであるとお金の支払いに悩む事はないと思います。むしろ一年の収入の少ない人は即座にお金が必要だからキャッシングする方が多く、利率が多いと支払いに追い込まれることになります。なので借り入れ可能幅の少ない人にこそ低利子で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。この考えは使う視点からの考えとなります。これらを念頭に置くと、金利を安くする為にはどうしたら良いのか、何となく感じたでしょう。事実、これから述べる方法で、申し出をする人がほとんどなので紹介しますと、カードローンの手続きをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。申込みのカード審査で全額通ればそれだけ金利が低いクレジットカードを手にすることができるはずです。と言ってMAXギリギリまで使用しなければならないわけでもないのです。15万円でも40万円でも必要な分だけの利用ができます。そして利用限度可能金額が300万円で最低金利年7%位の金融会社も有りますので、その会社に申請すればその金融会社の最低利息で受ける事ができるようになります。どうでしょうか?考え方を変えるだけで低利子のキャッシングカードを持つことが出来るのです。自分自身の年収と金融業者の利子を照らし合わせて、調査に時間を掛ければ、より望ましい状態でお金の借入れができるはずなので、ちゃんとチェックするようにしてください。