-

交通事故は、己だけの自損事故と他の人が関わった車の事故があります。自分だけで起こした事故の時には、自分が対応が済めば終了となりますが別の人を含めた自動車での事故は互いにどの程度不注意があるのかを調べて、この結果によって乗用車の修理の費用や示談金の額等が確定しますので自動車の保険屋さんの担当の人を交えながらのやり取りが不可欠です。一般的な自動車事故状況で自分だけでなく相手にも多少の過失がある時が大部分で片方だけの責任を追及するケースは多くないようです。当然の事ですが信号を無視してしまったり一旦停止無視のような違反があって起こった事故なら多大な手落ちになりますが、被害を受けた人であっても注意不足があったと言われます。自動車の事故のケースではどのドライバーのミスで発生したのかという結論がかなり焦点になってくるのでこの結果をみんなに分かりやすく伝えるのが『過失割合』となります。例として、先ほどの赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視した条件であれば交通法であれば事故を起こした側に10割責任があると思いますがこの場面で事故を起こした車が前方から近づいてきて正面を見て確かめられる場面だと事故の被害者でも注意不足として10%ほどの責任があると言われる事もあります。言うならばこの条件では相手9割自分1割の過失と言われミスが大きいとそれだけの間違いが問われる事になります。また車での事故の割合自動車の事故の判例をものさしとして結論をだされる状況が大半で日弁連交通事故相談センターから示されている基準となる表などがものさしとして用いています。この過失割合の、値が高いほど手違い言い換えると賠償金も大きくなりますので事故後の話し合いは本人同士だけでなく自動車の保険屋さんの担当の方と一緒にきっちりと調整することが必要です。

Category

リンク