-

自動車事故に巻き込まれた場面で、自らが自動車事故の被害者のケースでも相手方がミスを一切受け入れないという事例は多数聞くことがあります。仮定として、故意に起こってしまったのではなく注意不足で相手の車を激突された場合などに、こうした争いにつながってしまう場合がありがちです。そうであっても、そこで車だけの物損対応されて、時間が経って自覚症状が現れた時に、通った病院の証拠書類を警察署に提出するというのは後手に回るとなるのはしょうがなくなってしまいます。それならば事故の過失割合の確定にはどういう風な物差しが存在するのでしょうか?正しく申し上げますと警察署が決定するのは、自動車事故の大きなミスが認識されるのはどちらであるかという事であって過失割合というわけではありません。最終的に明確にされた事故の過失者が警察からはっきりする事はという事はありません。このため、どちらに何割過失があるのかは両者のやり取りの結果により決定されそれが損害賠償額の算定の基準です。この際に、関係者全員が任意に加入する自動車保険に未加入の場合は、お互いが真正面から調整しなければなりません。当然の事ですがそういった話し合いでは、短絡的な問答になる危険性が存在します。お互いの言い分に差があれば万一の場合、裁判沙汰にまでもつれ込みますが、それでは年月とコスト甚大な損を避ける事ができません。ですから多くの場合それぞれの当人についている自動車保険会社、こういった両方の自動車の保険屋さんに一任する手段を使って、適当などちらに何割過失があるのかを落ち着いて決定させます。こういった場合には、自動車保険会社は、以前の自動車事故の係争の判断から算出した認められた基準、判例タイムズを土台として推計と交渉を交えて割合を算定します。とは言え、自動車事故においては、遭遇してしまったのか原因となってしまったのかによらず、まず最初に110番するのが重要です。その上で自動車の保険会社にやり取りして、調整を頼むのが手順となります。手順さえ把握しておけば、双方の建設的でない水掛け論となる状態を回避できるに違いありません。