-

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険と言うものになります。自賠責保険は属に強制保険とも言われていて自動車を車検に出す際は、決められた期間内に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。簡単に言えば、全てのクルマが加入する必要があるものです。それでは車が自賠責保険に加入したまま売った時にはどうか考えてみましょう。強制保険(自賠責保険)は車検時に更新されることがありますが仮に自賠責保険に加入した自動車を売りに出した場合は払った金額が返ってくることはあまりありません。というのは自賠責保険をいったんなくして、次の保有者に入れ替えるのはなかなか面倒くさいのです。なので強制保険(自賠責保険)というものは、名義を変えてクルマとともに移すということが普通です。ただしその代わりの金額を買取額に足してくれるのです。強制保険の場合は自動車税と違って既に納めた額を月単位で割った金額が返金されるわけではなく査定額に乗っける方法をとることが一般的なのですがこれが査定表に載る場合はほとんどありません。そのため、売却のときには強制保険を考慮した額が査定額に反映されているかをチェックしてください。あなたが納めた保険料がどの程度の金額かをわかっていれば、損をすることはないと思います。その自賠責保険の保険料は契約期間次第で違うものなので、注意が必要です。車の買い取り時には自賠責保険の名義を変更することを忘れずに。もしも名義変更を忘れていたら保険会社からあなたに自賠責の満了を知らせる便りが届いてしまいます。愛車がほんの少しでも無駄なく査定されることを応援したいと考えています。